JCGのひとづくり

バリューマイスター制度

「バリューマイスター制度」は、高品質・高付加価値を実現する、
バリューネットワーク独自の精肉技術認定制度です。

精肉テナント事業を展開するバリューネットワーク。毎年数多くの出店と成長率を実現する背景には、高品質・高付加価値の商品を供給できるノウハウがあります。その屋台骨を支えているのが、精肉加工を行う精肉職人たちです。 バリューネットワークでは、常に良質の商品をお客様にお届けするため、商品づくりの技術を制度化した「バリューマイスター制度」を設け、運営スタッフの技術向上に力を注いでいます。

「バリューマイスター認定試験」では、精肉に関する様々な知識・経験を具体的な評価基準として、「切り分ける技術」や、鮮度を落とさないための「加工スピード」、視覚的な訴求力を強化するための「盛付け事例」まで、精肉職人の技術を様々な角度からテストしています。

また、「肉」という生鮮食品の取り扱いに関しても、あらゆる角度からの設問・試験を実施し、精肉職人の知識・経験を評価しています。

精肉の流通では、商品基準として「品質」や「鮮度」が大きく影響すると共に、お客様への訴求力として「見た目」や「適正な商品化」が求められます。良い食材だからこそ、最適な加工方法でお客様へご提供するためのシステムが必要になってきます。

お客様にご満足いただける商品づくりを目指し、バリューネットワークではこのマイスター制度の更なる充実化を通じて、精肉職人の技術向上を図っています。

精肉マイスター制度詳細

筆記試験
専門知識、関連法規、衛生知識、マネジメントスキル
実技試験
加工技術、商品作り
認定の基準
筆記試験及び実技試験を通し、各項目を5段階で評価
★レベル
精肉についての知識、お客様へ提供するための知識が理解できているか(筆記試験)
★★レベル
精肉をお客様へ販売する上で衛生面等が理解できているか(筆記試験)
★★★レベル
拠点の責任者として店舗運営するための必要知識が理解できているか(筆記試験)
★★★★レベル
精肉拠点として十分な技術で提供ができているか(実技試験)
★★★★★レベル
精肉拠点としてお客様目線でのサービス等ができているか(実技試験)
認定証
受章者には、認定証を授与する