技術や実績だけじゃない、社員の存在が当社の財産です。

今回は、合併前から社長として当事業所のリーダーを務める、清水副社長にお話しをお伺いしました。はつらつとしたお声から順風満帆に事業を展開されてきたように思われますが、実は少し違いました。

「当社を任されるようになったのは、実は3年ほど前。縁あって前社の創業者に声をかけられて転職しましたが、まさか社長を任されるなんて思ってもいませんでした。何より自分にとって営業が楽しかったものですから、トップに立つなんて畏れ多いと思っていました。でも、当時の社員や協力会社の方々の後押しもあり、やるしかない、と。」そう話す清水副社長は、当時から厚い人望があったようです。

2018年4月には、合併することになりましたが、社内に動揺はなかったのでしょうか。

「今回の合併で、変わったのは社名だけ。パートを含めた社員に動揺はありませんでした。むしろ自分たちの仕事を全うしようとするプロフェッショナルばかりなので、頼もしい限りでした。私自身も社員たちのことを何も心配していませんでしたけどね(笑)。」会社を支えてくれているベテランスタッフが多いこともあり、バックアップ体制が万全であることが伺えます。

「営業についてもマーケットが広がったことで、視野も広がり、余裕が出てきたようにも見えます。同時に、新事業にも着手できる環境が整ってきましたので、過去の実績やノウハウを活かしながらも、決してここに留まらない挑戦をしていきたいと思っています。DMから広がる未来は私たちが作る。期待していてください」と目を輝かせながら清水副社長は話してくださいました。

社内のみんなが支えてくれるから思い切ったチャレンジができます。

新卒で入社され、営業一筋で9年が過ぎ、後輩育成から新規事業をも任されるアドレス・インフォメーション事業部のエース、酒井さんにもお話をお伺いしました。

「私の仕事はお客様からお仕事の依頼をいただくことです。もちろん、見積書の作成、スケジュール調整から受注など、業務は多岐にわたりますが、本分は営業。新規開拓からルート営業など、現在は100社近くを任されています」と営業として精力的に活躍されている酒井さん。

会社の雰囲気については「女性が中心の職場ですが、みんなオトコマエ(笑)。と言うと怒られるかもしれませんが、良い意味です。短納期の厳しいスケジュールでの依頼も、手のかかかる弟のために…といった雰囲気で対応してくださいます」と話してくれました。

社外だけでなく、社内との交渉も必要な仕事のようですが、憎めない愛されキャラであることがよくわかります。

上司であり、営業の先輩でもある清水副社長についてもお伺いしました。

「豊富な顧客数や知識など、当たり前ですが何も敵うところがありません。先輩としても尊敬しています。例えば、悩んでいるときに手取り足取りではなく、ある程度の方向性を示してくれたうえで、私に任せてくださいます。だからこそやる気がみなぎりますし、任せてもらえている分、仕事で返したいと思えます。そんなことを繰り返しながら、いつの間にか営業として成長できたのでは、と今となっては感じます。」リーダーとして、営業の先輩として本当に尊敬できる方のようです。

「今後は、“酒井に任せておけば大丈夫”とお客様からも、副社長からも言われるよう日々努力していきたいと思っています。また、少しずつ動き出している新規事業についても積極的に手を挙げて、事業の中心となれるよう頑張りたいですね」と決意新たに話してくださいました。新事業の中心となり、チームをまとめる酒井さんを拝見する日も近いですね。